2010年02月06日

EDIUS Tips: COLOR GRADING その3

その1その2から続く)

EDIUSでCOLOR GRADINGする


追記(2010年2月9日):プリセットをVer1.1に訂正した動画と差し替え

さて、まとめ。

EDIUSでできることをまた一つ発見し、表現の幅が増えたことがうれしい。
各機能についてのメモ。

ひらめきYUVカーブについて

こっちがSilkypixのトーンカーブ。
color_grading_rgbcurve.jpg

こっちがEDIUSのYUVカーブ
color_grading_yuvcurve.jpg
画面は大きいけど機能少なすぎ。線も1本足りない・・・

やっぱり、RGBカーブにしてほしいんですけど・・・
UとVの使い方が直感的でなく、わかりにくい。
ハイライト部の赤が足りないからRを上げて、暗部は青みをとりたいからBを下げて・・・と普通のRGBのトーンカーブならできていたことが、U、Vではイマイチわかりにくい。
こっちに動かすと青、こっちに動かすと黄色、こっちに動かすと緑、こっちに動かすと赤、というのはあるのだけど、3本でやっていたものを2本で調整すること自体難しい。
ポイント1個で調整するならできるが、2個以上打つともう理解がおいつかない。

また、Yカーブについても、少し感覚が違う。
明度が上がりやすく、下げにくいという印象がある。
プレビュー画面からの色情報取得も必須でしょう。今の処理では非常にアバウトなポイントしか打てない。

改善要望の上位に上がるな、これは。

ひらめきクロミナンスについて

color_grading_chrominance.jpg

Photoshopやなんかの「特定色域の調整」機能や、色による選択範囲にのみ補正できるような機能
とても有能だと思う。
後は、マウスでクリックした部分の色情報を、下の色グラフ(っていうのかな?)による選択に反映させてほしい。

位置情報ホワイトバランスについて

color_grading_whitebalance.jpg

これも、特定の輝度域に作用させたい場合にすごく使いやすい。
いろいろ補正して色合い・カラーバランスはばっちりだけど、白のヌケが悪くなってしまったというときに、最後の仕上げでちょっと使ってみたり。
パラメータがたくさんあって、多分理解すれば今よりもっとできることの自由度が上がると思う。
この辺のマニュアルが充実した読み物はどこかにないものか。

ひらめき複合フィルタについて

color_grading_fukugo.jpg

これも地味な機能だが非常に有能。
エフェクトの重ねがけは普通にできるのだけれど、数が多くなってくると羅列になってしまって後で見てイマイチわかりにくい。
複合フィルタはフォルダのような役割をしてくれて、階層構造にすることができる
これにより、

複合
−複合
 −クロミナンス(赤系→カラーバランス)
 −クロミナンス(黄系→カラーバランス)
 −クロミナンス(緑系→カラーバランス)
−カラーバランス
−YUVカーブ
−ホワイトバランス
−矩形フィルタ


というような感じでわかりやすく整理することが可能になる。
複合の中で各エフェクトを設定した後に有効/無効を切り替えられるのも良い。いらなければ消しておけるし。
あと一歩改善点があるとすれば、複合に登録できるエフェクトの数をもう少し増やすことと、後はかける順序を後から変えられる機能かな。

ひらめき矩形フィルタについて

周辺減光の作り方。
1.正規化のチェックは外し、楕円、ソフトエッジにチェックを入れる。
2.内側のタブで楕円(選択範囲)の大きさと位置を調整する。
  まず幅をプロジェクトの1.5倍程度、高さをプロジェクトの1.8倍程度にする。
  次に、プレビュー画面上で選択範囲を左上にドラッグする。
  すると、位置を表す「左」と「上」の数値がマイナス値になるので、選択範囲の中央にプロジェクト画面がくるように計算して値を入れる。
  ※バグなのか?キーボードで直接マイナスを打ち込んでも無効です。
  ま、プレビュー画面上で適当にドラッグしても可。
4.外側のタブでフィルターを「単色」で黒に設定する。
5.ソフトフォーカス値を70程度に。後は自由に微調整。

ひらめきストロボについて

フレームレートを減らして、映像をカクカクさせることができる
いわゆるadobeの間欠フレームだが、EDIUSでもストロボ使えばできたんだーと今更再発見。

color_grading_storobo.jpg

前半、後半ともに「静止」にして、持続時間を1にする。
希望のフレームレート値から計算した値を感覚に入れる。
(例えば、60fpsの素材を5fpsにしたければ、割って12が間隔の値となる。)

ひらめきレンダリング速度について

ここまで重ねてエフェクトをかけると、遅い遅い!
エフェクトをそれほどかけないHQの書き出しでは通常実時間以下で終わるのだが、これは3倍くらいかかっているかも。
軽いエフェクト、重いエフェクトが合わさったプロジェクトで3倍程度なので、重いエフェクトを全編にかけたりした場合は5倍、6倍くらいかかっちゃうかも。
ま、忍耐ですな。プアスペックPCですし。
ちなみに、MBは高性能なグラフィックカード必須の仕様で、GPUアクセラレーションの作用で速度を上げているらしい。
次世代のEDIUSに期待。

そういえば、boosterのpro版はまだかしら・・・。
posted by そよはっは at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。