2010年06月18日

AVCHDについて

ネットにおける「工作員」の存在。

掲示板というものを一定期間ROMっていると、工作員ってやっぱりいるんだろ〜な〜と実感する。
映像関係の大手掲示板kakaku.comでもきっと。
フォーサーズ(パナ)陣営が新しいカメラを出したら、必ずそれに「悪」といちゃもんをつける見慣れないHNがあらわれるし、SONYが新しいカメラを出したら(今ちょうどNEX祭りだけど)、嫌がらせのようなスレが雨後のたけのこ状態。
そういうスレをのぞいてしまう私も、火事場見物のようで趣味が悪いんだけど。

さてさて、工作員かどうかはさておき。
NEX5が大々的に「AVCHD60i対応!」とうたっていながら、実はセンサー出力は30コマしかなくて、後からそれがわかった件。
これでやっと、パナの打ち出したAVCHD Liteの意味がのみこめた。

ここまで読んで、ん?話いきなり飛んだ?と思った人、手を上げて。
「風が吹けば桶屋が儲かる」のような展開を、今から説明しよう。

私には、なぜPanasonicはAVCHD Liteという規格をぶちあげたのか、よくわからなかった。

そもそも、SONYとPanasonicが共同で立ち上げた規格が「AVCHD」である。
公式HPはこちら

そのうち映像形式を抜き出してみよう。
HDファイル形式(H264/AVC):
*1920x1080 59.94i, 50i (16:9)
*1920x1080 24p, 23.976p (16:9)
*1440x1080 59.94i, 50p (16:9) 
*1440x1080 24p, 23.976p (16:9)
1280x720 59.94p, 50p (16:9) exclamation注目exclamation
*1280x720 24p, 23.976p (16:9)
SDファイル形式(H264/AVC):
*720x480 59.94i (4:3 / 16:9)
*720x576 50i (4:3 / 26:9)

このブログの前記事にもまとめたが、映像形式・コーデックはBD規格にまるまる包括されている。
そもそもAVCHDとは、DVDからBDへ、SDからHDへの過渡期の時代に、「転送速度が遅くかつ容量も少ないDVDにHDで記録する」を実現するために制定された規格である。
なぜSONYとPanasonicが作ったのか。
答えは、過渡期においてHDが撮れるビデオカメラとBDレコーダーを売り出し普及させたかったからだ。
そのために「AVCHD」という難解な圧縮方式、多重化構造、フォルダ構造を持った規格で縛りをかけたのだ。
AVCHDに対応していれば、そのままでDVDにも(注:SONYは一部不可)BDにも記録でき、対応BDレコーダー、対応TVで簡単にHD動画を見ることができますよ。だから対応機器に買い換えましょう!ということだ。

そこにパナによって追加されたのがAVCHD Lite規格。
規格詳細は公式HPには記載されていない
が、ネットによるとAVCHDの規格のうち、
映像1280x720 59.94p, 50p
のものを「AVCHD Lite」としているようだ。
しかも、AVCHDの規格から抜いて独立させたわけではない。
なぜなら、今でも公式HPのAVCHDの中に抜かれずに入っているから。
公式HPのロゴマーク表の意味から察するに、「この形式を満たして、かつパナとSONYに申請すれば、ビデオカメラに限ってこのAVCHD Liteのロゴをつけることを許可しますよ」という意味だと思われる。

ただ、消費者からすれば、720の60pとはもともとAVCHDの規格内でおさまっていたものである。
なのに、なぜLiteなどと言ってさも新しいことのように打ち出したのか?ということがずっと疑問だった。
kakaku.comを見てても、このAVCHDとAVCHD Liteを混同していると思われる意見をよく見かけるので、実際消費者は混乱している。
非常にまぎらわしい。なぜこんなことしたの。

それに対するひとつの答えが、SONYのNEX5発売後の「実はセンサー30コマ出力の60i」騒動によって、私の中に仮説としてできあがった。
Liteは、パナの良心だったのではないだろうか。

AVCHD LiteはコンデジTZ7の発売とともに規格化されている。
TZ7の仕様はセンサー30コマ出力を、無理やりダブらせて60pにする仕様である。
そして、第2弾のAVCHD Liteを冠する製品はGF1.
これもセンサーサイズはGH1と同じだが、TZ7と同じく720のセンサー30コマ出力のダブり60pである。

そして重要なことなのだが、GH1は、GF1より早く発売されたのだが、フォーサーズのセンサーサイズながらセンサー出力60コマのリアル60pを実現しており、これをパナはLiteとはしていない。
AVCHDカメラとしてGH1は売られている。
※もちろん、GH1は1080も撮れるからAVCHDとしか書けないのだけど。
そしてこの後に、GF1を上記のような仕様でLiteとして発売したのだ。

つまり、パナとしては、今の時点では、センサー30p出力とセンサー60p出力を、はっきり規格名と但し書きで区別している。

※「今の時点では」としたのは、将来的にはLiteでリアル60pを出すことも予想できるからだ。
技術革新が進めば、上位機(フォーサーズ以上のセンサーサイズ)で1080の60p出力・記録(もしくはそれ以上のこと)が可能になってくるだろうし、そうなれば、わざわざ出し惜しみでTZ7やGF1の後継にあたる下位機をセンサー出力30コマに抑える必要もなくなってくる。
そのときに、フルHDと区別する意味で720限定だけれどもリアル60pで出せば、従来機種とも上位機種とも差別化ができ、価格設定が維持できるわけだ。


このあたり、SONYがなし崩し的に、60iとうたいながら実はセンサー出力30コマの商品を、従来のAVCHDの範疇で売り出したのとは少し様相が違う。
TZ7を発表する時点で、SONYと同じようにニセモノの60pを「AVCHD対応!」と売り出すこともできただろう。
規格にはセンサー出力のことまでは載っていないから、規格外とは言えない。
でも、パナはそうはしなかった。

明文化されていないグレーゾーンに対して、しれっと押し通そうとしたSONY、(自らが立法機関ではあるものの)Liteという形でグレーゾーンを法律化したパナ。
「Liteがパナの良心」というのは、上記のような私の印象をあらわしたことば。

ただ、TZ7の720の偽60pと、SONYの1080の偽60iでは、少し意味が違って、720は下位規格として制定するという逃げ道があったけれども、1080の30p出力というのは、明確な形で規格分けはしにくかったんだろうなというのは予想がつく。


さてさて、まぁNEX5の60iは残念な仕様だったけれども、今年か遅くとも来年ごろにはフォーサーズサイズ、あるいはAPS-CサイズでのフルHDのリアル60p出力(できれば記録も)が可能になると思われるので、じっくり待ちましょう。

そもそも、私はもう60iなんかいらない派です。
インターレースは嫌い。編集もしにくいし。ネット動画とも親和性低いし。
何より画質を大きく損ねる。
BDレコーダーとTVさえ完全プログレッシブ対応してくれたなら、インターレースに対応する意味などもうない思う。
(TVでうまいことI/P変換してくれるっていうけど、けっこう処理がおいついてなくて、場面の変わり目で一瞬コーミングノイズが出ることがあるし)

SONYに対して「30コマ出力」を批判するような文を上で書きながら、実際は60iや60pで撮られたニュースみたいな興ざめな映像より、雰囲気のある30pや24pの方が好き〜と思ったりすることも多いのである。
24p機能を初めて家庭用カメラにつけたのがHF10だと記憶しているが、zooma!の小寺さんも「ホームビデオにこそこういうフィルムライクな映像効果があってもいいと思う」とコメントされていた。
なので、家庭用ビデオカメラマニアの方々がリアル60iで撮れないカメラなんて欠陥だ!と鼻息荒くおっしゃっているのを聞いても、ついつい反論したくなってくる。
確かに60コマ分の動きがあった方がいいけど(スローモーションにしてもきれいだし)、ないならないで雰囲気ある映像は30pのが得意だし、それが好きな人もいる。そもそもインターレースならいらね〜よ!って。
センサー60コマ出力ができるなら、60p記録も同時に対応してほしいと切望する。

と、今日は長めのtwitterでした。おしまい。
posted by そよはっは at 23:07| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NEX 60i 30センサー出力 で検索してここに。
価格コムでは、お世話になりました。
ありがとうございます。
記念パピコです。
Posted by ううぉ at 2010年06月21日 02:24
ううぉさん、読んでくださってありがとうございます。
http://editvideo.seesaa.net/index-5.html
http://editvideo.seesaa.net/article/95400727.html
このあたりが以前60p、30pに関して書いた記事です。
ところで、ううぉさんはとっても上手に件のお方に対応されてますね。煽られても相手に合わせずに、畳み掛けるような質問スタイルがいいな。
「うまいなぁ」と微笑みながらみております。そしてううぉさんを応援しております。
きっと彼は、ううぉさんとBABY BLUE SKYさんが一番苦手ですよね。理詰めで穏やかに来られるのがいやなんでしょうね。
人っておもしろい。
Posted by soyohahha at 2010年06月21日 06:06
1つ目のリンク間違えました。
http://editvideo.seesaa.net/article/101945426.html
Posted by soyohahha at 2010年06月21日 06:11
2chから来ました(笑)。GH1カスタムファームの実践を日本語で書かれていて参考になります。
ところで、民生機で初めて24pを搭載したのはHDVカメラのHV20だったと記憶しています。もしかしたらAVCHD機ということでHF10を挙げられたのかもしれませんが。
Posted by thx4allthefish at 2010年07月03日 00:01
thx4allthefishさん
おー、ありましたね、HV20.
確かにHF10より早かったですね。ご指摘ありがとうございます。
dvxuser読んでると、60pや30pをわざわざ映画っぽく見せたくて24pにしたいという人がけっこう入るのに対し、kakakuでは60コマ至上主義で、何が何でもリアルな記録映像にこだわる人たちが多いなという印象です。
「日本にはビデオを撮って編集するという文化があまり根付いてない」とEOSHDで書かれてましたが、そういうことなんだろうなと思います。
Posted by soyohahha at 2010年07月03日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。