2010年06月27日

Ptool for GH1 firmware hack を試してみた その3

ptool3.37dについて 追記

さて、ptoolを入れていろいろ試している最中であるが。
自分で試して、かつDvxuserを読み込んで、わかったことをメモしておく。

先日の結果報告で、
「FHD/SH simplifiedを50000000、Hを500000000、Lを16000000と入力しているにもかかわらず、
720のSH、Hにはデフォルトのビットレート値から改善が見られない。
FHDは常に平均40Mbps、Lは平均16Mbps程度をたたきだし、この2つにはパッチが効いているような気がする」
と書いたが、その理由が判明した。
ssが関係していたのである。

こちらで、joblessさんという開発協力の立場にある人が述べている。
パッチ後の720pでは1/60未満のssを使ってはならない。使うと、ときどき2Mbpsくらいになって圧縮が破綻する場合がある
これだ。言われてみれば、私はまだSHやHを高いssで試してない。
私がSH、Hを試したテスト環境はだいたい夜間か室内であり、そこではssを1/30または1/50に設定していた。

これを受けてssをいろいろ変えて、また屋外でも試してみた。
噴水のシーンでssを1/50に設定したときには、SH、Hともにビットレートは平均13〜14Mbpsと平凡な値。
ところがssを1/100に設定したときには、これが44Mbpsへと跳ね上がった。

なお、圧縮破綻も1度見られた。
編み目のつまったカーテンの前でカメラをパンして情報量の高い状況を作り出してテストしたが、Hの1/30でなんと5000Kbpsということがあり、撮れた映像も完全に破綻していた。
これがjoblessさんの指摘したことだと思われる。

というわけで、現在のstableに近いAVCHDのマイセッティングとしてはこんな感じだ。

version compare patch
native 24p/25p
video bitrate adjustment FHD/SH simplified: 50000000
video bitrate adjustment H: 38000000
video bitrate adjustment L: 16000000 (or 30000000)
overall bitrate adjustment: 52000000
limited bitrate adjustment: 60000000
1080p GOP: 12


Lを16Mbpsまたは30Mbpsとしたのは、用途によって使い分ければよいということ。
よりアグレッシブに高画質を攻めるなら30Mbpsだろうが、
SHもHもすでに十分高いビットレートであることから、少しオーバースペックな気はする。
Lを16Mbpsとしておくと、記録用途として失敗が許されない場合にも安心して使える。
そのままで十分AVCHD-DVDに書き込める規格内に収まっているし。

とここまで書いてきて、一つ理不尽なことがある。
パッチ後の720pのss制限により、夜間、暗所でssを落とせない。
落として明るく撮れるのはFHDであるという逆転現象がおきてしまう。
ところが、FHDにも制限があり、ss1/30以下には落とせない。
では、先日やったようなホタル撮り等、ssを1/30以下に落としたい場合はどうするのか。
そこで必要になってくるのがMotionJPEGだ。(以下MJPEG)
MJPEGならssを1/2まで落とせる。かつ、パッチを当てることによってビットレートを上げたり色空間を変えたりして、
より高画質を狙える可能性があるのではないか。

とりあえずAVCHDだけ試してみようと思ったが、必要性が出てきたためMJPEGに関するパッチも当ててみることにした。

dvxuserにはいろいろな設定と成功例、失敗例があるが、方向性としては、
*E1〜E4のQualityの設定値を高くすればより高画質になる。
*E1〜E4のtableの設定値を低くすればより高画質になる。

ということが言える。
ただし、あまりビットレート値が高すぎると、書き込み速度不足で録画が停止してしまう
また、ちゃんと録画できた場合でも、今のところカメラ内再生は不可と思った方が良いようだ。

具体的な設定値は方向性が2種類ある。
Quality値を高くしてその分Table値も高くして抑えるやり方、
もう一つはTable値を低くして、その上でQuality値を上げられる限界まで上げるやり方。

Stable MJPEG Settingとされているのはこちら
だが、これも古い情報(1ページ目は更新された気配なし)なので、自分の環境でうまくいくかどうか保障はない。ただ上記の2つの方向性は見て取れる。

で、まぁいろいろ試してみた結果、
MJPEG 4:2:0->4:2:2
MJPEG E1 Quality: 215
MJPEG E1 table: 5
MJPEG E2 Quality: 215
MJPEG E2 table: 5
MJPEG E3 Quality: 215
MJPEG E3 table: 5
MJPEG E4 Quality: 215
MJPEG E4 table: 5

これだと安定していて、平均60〜70Mbpsは出る。
(パナ金class10)

しばらくはこの設定で行くことにする。
いやー、本当に、作者さん、そしてDvxuserの皆さんに感謝!
早く試写に行って試してみたい。
posted by そよはっは at 02:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。