2010年07月21日

Ptool for GH1 firmware hack を試してみた その5

さて、その4からの続き。

オリジナル素材としてのAVCHDとMJPEG(高ビットレート・低ビットレート)の比較を行ったのだが、編集派の私にとって大事なのは、最終的な視聴形態にエンコードした際にどの程度の画質になるかということである。

最近であれば、ネット用であれTV再生用であれ、ほとんどの場合H264を使用してエンコードすることが多い。
そこで、GH13からのオリジナル素材をそれぞれx264のBDエンコード設定を用いて同形式のH264にエンコードした場合の画質について比較した。

●素材
*SH C設定
*MJPEG modulr設定

●x264設定→BD規格内におさまる平均17MbpsのH264作成を目指して。
プリセットの「Standard-Blu-ray」でtuningsを「film」(実写向け)にしたもの。

program --profile high --level 4.1 --tune film --pass 2 --bitrate 17000 --stats ".stats" --thread-input --keyint 24 --min-keyint 2 --b-adapt 2 --vbv-bufsize 30000 --vbv-maxrate 40000 --me umh --direct auto --subme 6 --trellis 2 --mvrange 511 --nal-hrd --sar 1:1 --output "output" "input"


SH素材をH264にエンコードしたbefore-afterの比較

06.encode_SH vs17mbps_high_detail.jpg

もともと細部が圧縮で丸められていたSH素材だが、さらに細部の描写がマイルドになった感じ。

MJPEG素材をH264にエンコードしたbefore-afterの比較

07.encode_MJPEG vs17mbps_high_detail.jpg

うーん、こうしてみると、4:2:2→4:2:0変換ではけっこうな色情報の損失があるのだなぁと思わざるを得ない。
先ほどのSHのbefore-afterではあまり色は変わった印象はなかったので、総合的に考えると、最終的にMPEG系にエンコードしてしまうなら4:2:2はあまり意味がないとも言える?
ただ、素材がきれいに越したことはないので、弊害がない限り4:2:2をonにしておこうとは思うが。

解像感に関しては、あまり損失は見られない。
というか、逆にH264の方が輪郭強調のような感じに見受けられる。
(そういう設定になってるのかな?x264の詳しいパラメータの見方はわからないので、なんともいえないのだけど)
こうしてみると、いかにGH1のH264エンコーダがアホかということが実感される。
あれだけ潤沢にビットレートをおごってもらってるくせに、なんであんなに細部を丸めるんだろう。
このアルゴリズムをハックで丸ごとなんとかしてほしいと切実に思う。
話が逸れたが、解像感に関してはほぼOKだと思う。

H264にエンコード後のSH、MJPEGの比較

08.encode_SHvsMJPEG_high_detail.jpg

11.encode_SHvsMJPEG_ordinal.jpg

こうやってみると、やはりMJPEGからH264にエンコードしたものの方がディティールの再現性が圧倒的にいいと思われる。
※色に関しては、素材の時点での4:2:2はアドバンテージだが、エンコードして4:2:0になってしまうと、差は小さくなる。

さて、動画からの等倍切り出し絵もアップしておく。

●SHをH264(17Mbps)にエンコードしたもの
re_high_detail_SH40mbps.jpg
re_ordinal_SH27mbps.jpg

●MJPEGをH264(17Mbps)にエンコードしたもの
re_high_detail_MJPEG73mbps.jpg
re_ordinal_MPEG70mbps.jpg


ひらめきまとめ

AVCHDのSHとMJPEGの比較。
結果はやはり画質を考えると高ビットレートのMJPEG(modulr設定)は非常に優れているといえると思う。
ただ、ファイルサイズが非常に大きくなってしまうことと、TV再生にはエンコード必須であることを考えると、常用するには取り回しの悪さが問題となってくる。
解像感に関して、今回は画角と解像度をそろえるためにSHとMJPEGを比較したが、解像感に関しては、やはり解像度の大きいFHDではSHよりも優れている。
AVCHDならではの、ファイルサイズが小さく、撮った後すぐTV再生できるという取り回しのよさは捨てがたい。

ということを考えた場合、AVCHDのFHD、SH、MJPEGには以下のような特徴があるのではないかと思う。


【AVCHD FHD(1920x1080) 24fps】
*画質とファイル容量のバランスが良く、長時間記録も可能である。
*ss1/30から撮れ、暗所にも強い。
 (※また、ss1/60でSHと比較しても、高ISO時の暗所画質ではFHDが勝っているように思われる。)
*MPEG系圧縮の特徴として、境目があいまいな部分はよりあいまいに、くっきりした部分はよりくっきり描写する。
 →暗所撮影において、影でかつ少しぼけた部分の描写はMJPEGには劣るが、際立った輪郭線のある部分の描写はシャープである。
  また、少しのノイズなら丸めてしまうせいで、ノイズが少なく見える。
*デメリットとしては、コマ数が24fpsしかないため、動き物のなめらかな描写には弱い。

【AVCHD SH(1280x720) 60fps】
*画質とファイル容量のバランスが良く、長時間記録も可能である。
*コマ数が60fpsあると、ビデオカメラ的な生々しい描写も可能であり、また動き物にも強い。
 また編集によりなめらかな質の高いスローモーションができる。
*本来はFHDと比較してもss1/2までのスローシャッター撮影が可能であり、暗所においても強かったのだが、
 現在のptoolでは、なぜかss1/50以下で撮ると圧縮が極端に高くなってしまう不具合があるため、1/60以上でしか使えない。
 また暗所画質もFHDに及ばないような・・・。

【MJPEG(1280x720) 30fps】
*ビットレートを上げれば上げるほど画質は良くなる。
 目安としては35〜38ではノイズが目立つので、できれば60Mbps以上ほしい。
*4:2:2モードにすることや細部描写が優れていることにより、色の精度はAVCHDより良い印象。 ただしMPEG系にエンコードすると4:2:0になってしまうため、そのメリットの多くは失われる。
*暗所画質では、ノイズリダクションが働いていないような画質。
 高ビットレート設定により、細部描写は非常にクリアになるが、ISOノイズがまったく消されていないようでAVCHDの高ビットレート設定よりも目立つ。
*スローシャッター(ss1/2〜)も可能なので、ノイズの問題さえクリアすれば暗所ではかなり使える。

→このMJPEGのノイズリダクションに効くAvisynthやAviutlでのプラグインはないかな〜と探してます。
また、MJPEGのMOVはうちのEDIUSではネイティブ編集は無理なので、もしPCを新しくしてかつPro5にアップデートした場合は扱えるようになるかどうかも気になってます。


現在報告されているNative24pパッチのバグがつぶされて、リアルで安定した24pが使えるようになること、そして圧縮のアルゴリズムが改善されてmudが完全になくなることを願ってやまない。
ラベル:ptool GH13
posted by そよはっは at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。