2011年08月08日

GH1で撮る「打ち上げ花火」動画 (4)

では、絵のイメージを持ったところで、どうやってその明るさを確保するか。

位置情報F値とISOの設定
ssはある程度固定になってくるので、あとはF値→ISOの優先順位で決めていけばいい。

F値は、どの程度被写体深度を稼ぐかによるが、撮影位置によって異なるとは思う。
花火だけを入れ込めればいいのであれば、花火まではだいたい何百mも離れているし、F2とかでもいいような気がする。
私の今年の場合、花火打ち上げ位置まではおそらく1kmかもう少しで、F2でだいたいいけた。
(近接の観衆の様子から花火までをちゃんと深度に収めたいなら、もっと絞り込まないといけなくなり、比例してISOも高くなる)

花火だけを撮るなら、F2、ss1/30〜1/50の条件なら、ISOは400以下で十分、というのが今回見つけた私のセオリー。


次に位置情報構図の決め方

これはもう撮影者のセンスと腕の見せ所ですね。
広角でまわりの風景まで入れ込む、望遠で花火を画面いっぱいに華やかに撮る
花火に照らされる観客の横や缶ビール等の小物、花火が水面に映り込んでゆらゆら揺れている。
浴衣姿の観客、〜越し(すすき、ビル)の花火・・・
人に見せるなら、なるべく変化をつけた方がいいと私は思うので、いろいろな構図で撮っておきたい。

ただし、そのたびにレンズや設定をとっかえひっかえしたりすると、今度は自分が鑑賞を楽しめない。
(撮影は楽しいんだけど、人と一緒だといろいろおつきあいがあるから・・・)
今回ももう単焦点1本、カメラ固定で全部の撮影を行った。
こういう場合を想定すると、ポストプロダクション工程でいかに絵に変化をつけるかが重要になってくる。

その工夫の一つが、撮影サイズと編集プロジェクトの解像度設定だ。
今回はFHD(1920×1080)で撮影し、1280×720のシークエンスで編集した。
FHDの画角を縮小して全ておさめるもよし、クロップして電子的に拡大するもよし、ズーミングも編集で行える。

また、記録物としては「禁じ手」かもしれないが、作品としては「合成」もありだと思う。
EDIUSやPremiere CS5では、トラック同士の描画合成モードがいろいろ使えるが、花火の場合だと「比較(明)」を使えば、とても自然にきれいに重ねられる。

私の今回の動画も2箇所ほど合成を行っている。
ただし、月が出ているので、うまいこと月の位置が重なるようにしたり、また一方の月を黒マットで消したりと、少しテクを要した。
posted by そよはっは at 23:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気合い入ってますね
動画も静止画もはまると大変ですから
ほどほどに・・・
(おまえが言うな的な。)
Posted by hanamagari at 2011年08月31日 00:32
あ、hanamagariさんだ!
お久しぶりです。
HP拝見しております。とても参考になります。
花火とてもお好きなんですね。
私は、ほどほどに・・・笑 楽しみます。
Posted by そよはっは at 2011年09月04日 06:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。